ミニ レッド ガラスコーティング  スクラッチキズ
本日はT様 ミニ ソリッドレッドの「Modesta BC-02 ボディガラスコーティング チタン含有 (流水タイプ)」の施工です。

今回チョイスしたコーティングコースは「スタンダードエディションコース」をお選びいただきました。
スタンダードコースは純度・耐久性の高いモデスタガラスコーティングを使用し、1プライコートをコーティングするスタンダードなガラスコーティングコースです。

塗装のくすみや劣化はあまり見られない鮮やかな赤ですが、スクラッチ(洗車キズ)はそれなりに付いているようです。
しっかりと磨き上げればもっと鮮やかな赤に映えるのではないでしょうか。

 

水垢のこびり付き  ブレーキダストのこびり付き
コーティングをご依頼いただいた際、T様が一番気にされていたのが屋根の白い部分の水垢のこびり付き。
写真ではやや分かりにくいかも知れませんが、屋根のクリアなし白ソリッドが少しチョーキングを起こしており、水垢の黒ずみがしっかりとこびり付いています。
ただ、表面上のダメージで済んでいる状態なので、きっちりと磨いてあげれば元通りの光沢が復元するのではないでしょうか。
ホイールもそれなりに綺麗ではありますが、輸入車らしくブレーキダストが固着しています。

 

カウルトップベンチレータルーバーの洗浄  アルミホイールの洗浄
まず、いつも通り全体に取りかかる前に細部の汚れから攻めて行きます。
ワイパーの根元部分の汚れの溜まりやすいカウルトップベンチレータルーバー付近を洗剤と繊細なブラシを使用して汚れを掻き出しながら綺麗にして行きます。
アルミホイールはブレーキダストを落とす専用洗剤にて、細部にこびり付いたブレーキダストを丹念に確実に落として行きます。

 

マスキング作業  ボディ面の磨き作業
細部の洗浄が終わり、洗車~鉄粉・付着部除去を終え下地磨き準備が完了したら、マスキングを行って本格的な研磨作業に入って行きます。

 

ヘッドライトの劣化  ヘッドライト磨き
ヘッドライトの上部あたりに表面が劣化・変色してヒビが見られるようになってしまっていたので、ここも劣化部分をしっかりと磨いて落としてクリアに仕上げていきます。

 

ダブルアクション磨き  狭い部分の専用ポリッシャー
1工程目の粗磨きが終了しましたら、第2工程(ダブルアクション)で磨き、更に工程を重ねて仕上て行きます。
狭いポリッシャーの入りにくい部分は、専用のエアーポリッシャーを使用して確実に磨いて行きます。

 

磨き作業後のアカソリッド  赤いボンネットの光沢
磨き作業を終え、洗車~水切りまでを行い本日終了致しました。
赤ソリッド独特の抜群の艶感と光沢具合に仕上がりました。
特に局面の多い車なので光が当たった場所の映り込みの湾曲具合がとても美しく見えます。

明日はコーティング~仕上げ作業です。

 

スタンダードエディションコースの詳細はこちらよりご覧ください。
http://www.evergrace-ca.com/coatingmenu/standard/

Modesta BC-02 ボディガラスコーティング チタン含有の詳細はこちらよりご覧ください。
http://www.evergrace-ca.com/modesta02/

 

【コーティング施工のご依頼・お問合せは】
岡山のカーコーティングの専門店 エバーグレイスコーティングアーツへお任せください!
〒700-0953 岡山県岡山市南区西市101番地4
エバーグレイス コーティングアーツ
TEL : 086-259-3460 FAX : 086-259-3461
E-mail : info@evergrace-ca.com

【お問合せフォームはこちら】
http://www.evergrace-ca.com/contact/